系列外物流増で新倉庫 大和ハウス系が15カ所新設

2018/12/11 18:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大和ハウス工業の物流子会社、大和物流(大阪市)は2021年度末までに、滋賀県竜王町など15カ所前後に物流センターを新設する。総事業費は約500億円。主力だった建材物流が先細りのため、インターネット通販関連などを強化し、21年度には売上高を17年度比6割増の1千億円まで伸ばす。数年内にベトナムやインドネシアにも進出する。

大和物流はもともと大和ハウスグループ向けの売り上げが多く、大和ハウスが建てる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]