/

この記事は会員限定です

パラジウム、高値でも堅い需要 車触媒の「主役」続く

商品部 南畑竜太

[有料会員限定]

主にガソリン車の排ガス触媒に使う貴金属、パラジウムが最高値圏で推移している。ニューヨーク先物相場は12月中旬時点で1トロイオンス1170ドル台と、ディーゼル車の触媒向けが主体のプラチナ(白金)との差は400ドル近くに開いた。ガソリン車向けの需要が世界的に拡大するとの見方が根底にある。だが、割安になったプラチナへの素材転換が今後進む可能性はないのだろうか。

パラジウム相場は8月を底に上昇し、10月以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン