/

スマホ駆使で夜間無人店 トライアル、福岡に13日開業

ディスカウント店大手のトライアルカンパニー(福岡市)は13日、スマートフォン(スマホ)などを駆使して運営を効率化し、夜間の完全無人化を可能とした「スマートストア」の新業態店を福岡県大野城市に開く。カメラで客の属性や購買情報を集め、品ぞろえに生かす。同様の店舗を来年に10店前後出し、将来的には全国展開する方針。(映像提供=TVQ九州放送)

11日、報道陣などに公開した。新店では、レジに並ばず精算できる「スマートカート」に加え、スマホの専用アプリでの決済システムを導入。有人レジも廃止し、人員を従来型店より4割削減する。

24時間営業で、夜間は初めて無人化を実現。午後10時から午前5時まではスマホをかざして入店する。酒やタバコへの対応のため当面店員を1人配置するが、基本的には支払いから退店まで客自身で行う。

AIなどを駆使した新業態店「トライアルQuick」(11日、福岡県大野城市)

店内には計200台のカメラを設置し、在庫状況や客の行動を分析。飲料などの冷蔵ショーケースには、パナソニックと連携して人物認識カメラを設置した。手に取った客の性別や年齢といった属性情報を収集し、品ぞろえや配置に生かす。

新業態店「トライアルQuick」では、最新カメラで商品を手に取った顧客情報を分析(11日、大野城市)

同社の楢木野仁司会長は「小売業は労働集約型で、人材不足が経営難に直結する。新たな仕組みの効果をまず自社で立証し、業界全体に広げていきたい」と話した。同業態の出店目標については「来年、福岡や佐賀に10店舗前後出店し、将来的には全国で年間50店舗を出したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン