/

この記事は会員限定です

ソフトバンクの実像 ポスト孫氏にリスク

大胆投資判断、誰に託す

[有料会員限定]

ゴールドマン・サックス証券の幹部が今秋、畑違いのソフトバンクグループ(SBG)に転じた。事業再生などを手掛けた生え抜きのエリート。「何を担当するのか」「収入は下がるのでは」。ゴールドマン社内は突然の転職にざわついた。

投資会社としての性格を強めるSBGに、外資系金融機関の人材が吸い込まれていく。ゴールドマンの幹部は一例だ。関係者は、SBGの佐護勝紀副社長が人材集めのキーマンと明かす。「優秀な人を集め、チーム佐護を作ろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン