創業のきっかけを提供 角田千鶴さん
(語る ひと・まち・産業)福山で起業支援ビル

2018/12/12 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ■県外就職を経て、実家の不動産業を継ぐためUターンした山陽管理(広島県福山市)社長の角田千鶴さん(40)。店頭で10年もの間、多額の入居費に戸惑う起業家の卵を見続け、巣立ちの場を提供しようと起業支援のビルを立ち上げた。

「24歳で専業主婦になり、ふと『実家は今後どうなる』と考えた。兄妹は『継がない』と言う。『じゃあ、私が』となった」

「実家の不動産屋には起業希望のお客も多かった。でも、家賃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]