/

河野外相、ロシア外相発言に反論せず 記者会見で回答拒否

河野太郎外相は11日の記者会見で、北方領土問題に関する質問への回答を避けた。ロシアのラブロフ外相が北方領土をロシア領と認めることが平和条約締結交渉の前提だとの認識を示したことについて問われ、一切のコメントを付けずに「次の質問どうぞ」と促した。別の記者らから「なぜ答えないのか」などの質問が相次いだが、同様の回答を繰り返した。

外務省のホームページは「北方四島は日本固有の領土で、ソ連とロシアによる不法占拠が続いている」と明記している。河野氏は自身の発言がロシア側の反発を招き、交渉に悪影響を及ぼすと判断したとみられる。河野氏は11月の記者会見でも、北方四島が日本の固有の領土にあたるかを問われ明言を避けた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン