2019年4月26日(金)

迫る「タンパク質危機」 救いの神は藻か昆虫か

コラム(テクノロジー)
2019/2/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口増加に伴うタンパク質への需要拡大に、家畜の飼料となる穀物などの供給が追い付かず、世界中でタンパク質不足が巻き起こる──。そんな危機が迫るのは、2030年と目前だ。食品業界では今、タンパク質不足への対抗策として新たな製品が続々登場してきている。

なかでも植物性タンパク質で肉製品などを代替する動きはますます加速。代表例は大豆だが、それよりも高いタンパク質含有量を誇るのが、藻類のスピルリナだ。スピ…

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報