2019年1月18日(金)

万能触媒で新薬開発に道 名古屋大

科学&新技術
2018/12/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生体内の酵素は微小な穴で特定の物質を捉え、狙った反応だけを促す。この仕組みを人工的に再現し、複雑な形の有機化合物を精密につなぐ技術が実現に近づいている。名古屋大学は様々な物質の合成に応用できる「テーラーメード触媒」の開発に挑む。2030年には医薬品などを自在に創る万能触媒が登場する可能性を秘める。

「酵素に似た機能を触媒で実現する」。名古屋大学の石原一彰教授が実現に意欲を燃やすのは、炭素原子を骨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報