危ういファーウェイ、狙われた習近平式「軍産複合体」
編集委員 中沢克二

(1/3ページ)
2018/12/12 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の代表的ハイテク企業、華為技術(ファーウェイ)を将来、率いると目される創業者の長女がカナダで逮捕された国際的大事件。それは同じ日、アルゼンチンで直接協議した中国国家主席、習近平(シー・ジンピン)と米大統領、トランプによる「90日交渉継続合意」が醸し出した対立緩和観測を吹き飛ばした。

対米交渉を担う習側近で副首相の劉鶴は11日、米閣僚2人と電話協議した。中国商務省は発表文でトランプから米側代表…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]