/

この記事は会員限定です

EU離脱協定案の英採決先送り、円よりドル買い 113円台、1週間ぶり円安水準

経済部 小野由香子

[有料会員限定]

メイ英首相が11日に予定していた欧州連合(EU)から離脱する協定案の英議会採決を先送りした。EU離脱を巡る英国の混迷ぶりを印象づけ、外国為替市場では英ポンドが急落。対ドルで1年7カ月ぶりの安値をつけた。一方で「安全通貨」とされる円はそれほど上昇していない。「リスク回避の円買い」よりも「有事のドル買い」が優勢となった。

メイ氏は10日、自身がEUと交渉した離脱協定案が英議会で否決される公算が大きくな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン