/

AbemaTVがAIで瞬時に字幕表示、テレ朝と共同開発

日経クロステック

サイバーエージェントは2018年12月10日、子会社を通じて提供しているインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が人工知能(AI)を導入し、リアルタイムAI字幕を取り入れた配信を試験的に開始したと発表した。

AI(あい)ポンを活用した放送イメージ(出所:サイバーエージェント)

テレビ朝日と共同開発したリアルタイムAI字幕システム「AI(あい)ポン」を活用する。AI(あい)ポンは、生放送中のスタジオで行われる出演者のトークの内容をリアルタイムで音声認識し、字幕として画面に出力できる。米グーグルが提供する音声認識テキスト変換サービス「Cloud Speech-To-Text API」をベースとし、LASSIC(ラシック、鳥取市)が開発した「LASSIC Speech Recognition」を使って構築した。

昼のニュース番組「けやきヒルズ」で、AI(あい)ポンによる字幕表示を12月10日に始めた。同番組の視聴者のなかには「音声をオフ」にして視聴している人も多いことから、スタジオでのトークや会見の生中継などにも、その場で日本語字幕を自動的に入れられるようにした。

出演者の音声を認識し、表示するまでの時間はわずか1秒。現状のテレビ局などで導入されているリアルタイム字幕に比べて、表示にかかる時間を大幅に短縮できているという。今後は最新の機械学習アルゴリズムを使い、日々の配信から固有名詞をコンピューターが習得するなど、音声認識精度のさらなる向上が期待できるとしている。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経 xTECH 2018年12月10日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン