/

この記事は会員限定です

ソフトバンクの実像 携帯上場、孫氏の攻めと焦燥

時価総額の低評価打破へ

[有料会員限定]

「きょうはあえて、生々しい話を皆さんにしたいと思います」。6月にソフトバンクグループ(SBG)が開いた株主総会。スクリーンに映し出されたのは、茶色い革財布だった。孫正義会長兼社長は株主に説いた。「10万円入っている財布を1万円で買えるとしたら皆さん100%買いますよね? だってその方がお得でしょ」

「財布」をSBG株だと見立てると、その中の「札束」がアリババ集団などの投資先企業だ。その価値の合計はSBGの時価総額をは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン