/

この記事は会員限定です

クボタ、インドに初のトラクター工場 年産5万台

[有料会員限定]

【ニューデリー=早川麗】農業機械大手のクボタはインドの同業と合弁で、同国にトラクター工場を新設する。エンジン以外の部品はほぼ現地で調達して組み立てる同社初のインド工場となる。投資額は約40億円で、生産能力は年5万台。従来はタイから大半の部品を調達し、インドで組み立てていた。今後は現地生産を本格化し、競争力を高める狙いだ。

現地の同業大手、エスコーツと2019年3月末をめどに合弁会社を設立する。資本金は3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン