オリックス、新潟県のメガソーラー竣工式

2018/12/10 22:00
保存
共有
印刷
その他

オリックスは新潟市の大規模太陽光発電所(メガソーラー)で運転を始め、7日に竣工式を開いた。最大出力は約5万5000キロワットで、メガソーラーとしては新潟県内で最大規模。初年度は一般家庭で約1万6800世帯分の年間消費電力に相当する約6054万キロワット時を発電する。

7日に竣工式を開いたのは新潟市西区の「新潟県四ツ郷屋発電所」で、7月から発電を始めている。オリックスの錦織雄一取締役らが出席し、神主が発電所の安全運転などを祈願した。

オリックスは全国でメガソーラーなど再生可能エネルギー事業を積極展開している。メガソーラーは建設中も含め現在116カ所。新潟では、発電所の保守・メンテナンス関連の一部業務を地元企業に委託し、地域の雇用創出にもつなげる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]