2019年8月24日(土)

生産性高める「健康経営」、トップが実践
静岡産業大情報学部教授 田畑和彦氏

2018/12/10 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いま「健康経営」に耳目が集まっている。健康経営は企業がこれまで配慮義務だった従業員の健康を経営的視点から捉え直し、戦略的に実践することだ。従業員が健康であることは労働意欲を高め、生産性の向上を導く。企業イメージも上がり、株価の上昇にもつながる。このため、健康への投資は価値があるというものだ。

離職率や企業の医療費負担を引き下げることも期待できる。特に、高齢者が中核労働者の中小企業に有効だ。彼らが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。