/

この記事は会員限定です

ゲーム機中心戦略を転換へ カプコン、5G普及にらむ

[有料会員限定]

カプコンは2019年1月、人気アクションゲーム「バイオハザード」の新作を発売する。据え置き型ゲーム機版だけでなく、パソコン(PC)版も同時に売りだす。同社はテレビにつなぐ据え置き型を中心にソフトを供給してきた。戦略を転換してPC版も主力に据える。その先には同じゲームを複数端末で遊ぶシステムの実現を視野に入れている。

「PCもメインのプラットフォームとしてとらえないといけない」。同社はソニーの「プレイステーション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1627文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン