/

指型の歯磨きティッシュ 本田洋行、介護で使いやすく

製紙原料卸の本田洋行(愛媛県四国中央市)は、使い捨て口腔(こうくう)ケア用品市場に参入した。介護初心者などでも使いやすい、人さし指にかぶせる「指サック型」の歯磨きウエットティッシュを開発し、本格販売を始める。高齢化や健康志向の高まりから同市場は拡大傾向。全国の医療機関や家庭を含む介護現場、災害備蓄用などの販路開拓を狙う。

本田洋行は初心者でも使いやすい口腔ケア用商品を開発した

本田洋行の「指型歯磨きシート フィンガーウェッティ」は、不織布の2層構造。外側のシートにはキシリトールなど口腔ケアのための薬品が含まれ、内側にははっ水性のあるシートを使用した。指でマッサージする感覚で口の中のふき取りができる。同社によると、指サック型のケア商品はこれまでにないという。

口腔ケア初心者向けに商品の使い方を説明した動画も作成した

先端に近い位置には2カ所のくぼみをつくり、指が程よく引っかかり外れにくい形状とした。本田洋行はこの仕組みで特許を出願している。

適切な口腔ケアは高齢者らの誤嚥(ごえん)性肺炎のリスクを抑え、食欲増進や体力増強につながるなど重要性が認識されてきている。同社によると、国内の口腔ケア用品市場は近年伸長を続け、今後も拡大が見込まれる。

本田洋行は歯科医師らと協力して商品を開発した。四国中央市のHITO病院で実際に介護職員や看護師らに使用してもらい使い勝手を調査し、試作を重ねて完成させた。従来の指に巻き付けて使うシート型に比べて、抜け落ちにくく使いやすいといった評価が得られた。

医療機関や介護施設への販売に加え、家庭での介護向けとしてドラッグストアなどでも販売する。水が使えない場面でも歯磨きができるため、災害用の備蓄やアウトドアでの使用も提案する。

1袋60枚入りで、参考価格は税抜き498円。1枚あたりの値段は8円程度で、シート型と同水準に抑えた。パッケージのQRコードを読み取ると、初心者向けの使い方動画も視聴できる。1年で10万袋の販売を目指す。

本田洋行は従業員約50人で、2017年12月期の売上高は36億円。製紙原料や不織布などの商社機能が大部分を占める。近年は不織布を使用したペットの手入れ用品や、ヒトの介護・医療向け商品の製造販売に力を入れる。自社製造による利益率の改善を狙い、現在1%程度の同分野の売上比率を20年12月期には2億円、5%程度にまで引き上げたい考えだ。

(棗田将吾)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン