/

北里大も不適切入試 補欠合格連絡で男子ら優先

北里大は10日、医学部医学科の一般入試の繰り上げ合格で、補欠者に連絡する際、男子や現役生を優先する不適切な取り扱いがあったと発表した。同日付で第三者委員会を設置して詳細を調査するとともに、不利益を受けた受験生への対応を検討するとしている。

同大によると、不適切だったのは2018年度の一般入試。補欠者に繰り上げを連絡する際、成績順位順ではなく男子や現役生を優先していた。男子の合格者の辞退率が高いことや、現役生の方が厳しい授業に耐えられると判断したためだという。第三者委は18年度以外の入試も調べる。

当初は「私立大の裁量の範囲内」と判断し、文部科学省に対し不適切な扱いはないと回答。その後に同省の訪問調査を受け、不適切と指摘された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン