/

この記事は会員限定です

リボミック、米研究機関と核酸医薬で提携

[有料会員限定]

核酸医薬の研究開発を手がけるリボミックは10日、精神疾患の研究で知られる「米国プリツカー精神神経疾患コンソーシアム」と提携すると発表した。核酸医薬の候補化合物をコンソーシアムに提供し、精神疾患の治療効果を調べる。

リボミックは現在、失明の原因となる加齢黄斑変性という眼疾患に対して、核酸医薬の臨床試験を米国で実施している。同薬が標的とする線維芽細胞増殖因子(FGF)というたんぱく質が精神疾患にも関与することが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン