2019年3月23日(土)

フィギュア

紀平、初出場で優勝 フィギュアGPファイナル
日本勢で浅田以来の快挙

2018/12/9 8:29 (2018/12/9 9:49更新)
保存
共有
印刷
その他

【バンクーバー=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は8日、バンクーバーで行われ、女子は16歳の紀平梨花(関大KFSC)が6日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の150.61点をマークし、自己ベストの合計233.12点で初出場優勝を果たした。日本勢でGPデビューシーズンでの制覇は2005年の浅田真央以来の快挙となった。

優勝した紀平梨花のフリー(バンクーバー)=共同

紀平は冒頭に組み込んだ大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が着氷で乱れて2回転半扱いとなったが、次に3回転半―2回転トーループを決めて立て直した。日本勢のファイナル女王は03年の村主章枝、過去4度の浅田に続いて5季ぶり3人目。

2連覇を狙った平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)はSP、フリーともに2位の合計226.53点で2位だった。坂本花織(シスメックス)は211.68点で4位、宮原知子(関大)は201.31点で6位に終わった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

女子フリーで演技する紀平

 SPで1回転半になったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)。修正を誓っていた紀平だが、朝の練習でもはまらない。「やるしかない」と吹っ切れたのは、6分間練習になってからだ。
 冒頭のトリプルアクセルを成 …続き (22日 23:45)

優勝し、金メダルを手に笑顔のザギトワ=小幡真帆撮影

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は22日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、女子はショートプログラム(SP)7位と出遅れた16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリー2位と巻き返し、合計 …続き (22日 22:02)

男子SP 演技する宇野昌磨(21日、さいたまスーパーアリーナ)=共同

 「潔く逃げました」。冒頭の4回転フリップで転倒した宇野は、それ以上の失敗を回避するために、続く4回転―3回転で2本目を2回転に変える安全策をとっさに選択した。「納得はしていない。でもこの大会は満足い …続き (22日 1:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]