/

この記事は会員限定です

ソフトバンクの実像 異形の「利益日本一」

世界のカネ余り変調 逆回転リスクも

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)は19日、通信子会社を上場させ投資集団化を加速する。目利き力を武器に新興ハイテク企業を先物買いし、株式市場で利益を顕在化する――。負債を恐れず膨張を続ける低金利・株高の申し子にカネ余りだった金融環境の逆回転リスクが迫る。6日には通信障害が発生し、関係の深い中国・華為技術(ファーウェイ)を巡る米中あつれきも加わった。光と影が交差する異形の日本企業。その実像を追う。

「来年は日本経済が経験し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1715文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン