ひったくり、実は虚偽通報 「妻とけんか嫌」と 福岡

2018/12/8 22:34
保存
共有
印刷
その他

福岡県警中央署は8日、福岡市中央区の路上で会社員の男(38)がバッグをひったくられたと今年10月に通報したのは、この男がでっち上げた話で、虚偽だったと発表した。署によると、男は「持っていたお金が紛失し、妻とけんかになるのが嫌だった」と釈明。署は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで調べている。

男は10月24日未明、住宅街の路上でミニバイクの2人組にバッグを盗まれたと110番した。しかし、現場周辺の防犯カメラに逃走するバイクは見当たらず、不審に思った署員が男を問いただしたところ、作り話だったことを認めたという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]