/

この記事は会員限定です

崩れゆく欧州 ユーロ20年、強まる遠心力

[有料会員限定]

欧州連合(EU)離脱を巡る英政界の混乱が収まらない。英下院が11日に予定する離脱協定案採決は、与党・保守党内から強硬離脱派の大量造反が見込まれ、否決の公算が大きくなっている。膠着状態のまま2019年3月末の離脱期限を迎えたら、何が起こるのか。

主要株式指数 軒並み下落

「離脱期限の延期と総選挙が行われ、労働党が圧勝する」──。デンマーク金融大手サクソバンクは2019年の大胆予想に政権交代リスクを挙げた。企業の再国有化などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1561文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン