/

日本人女性に懲役6年 中国「スパイ罪」

【上海=共同】中国上海市の中級人民法院(地裁)が8日までに、2015年に同市で拘束された東京都新宿区の日本語学校幹部で中国出身の日本人女性にスパイ罪で懲役6年の実刑判決を言い渡したことが分かった。また5万元(約82万円)を没収するとした。日中関係筋が明らかにした。

中国では今年7月、神奈川県と愛知県の男性2人にそれぞれスパイ罪で実刑判決が言い渡された。習近平(シー・ジンピン)指導部は中国国内で活動している海外の組織や個人への監視を強化している。

関係筋によると、女性は57歳。15年6月に上海市で拘束され、16年7月に起訴されたことが明らかになっていた。判決は7日付で、スパイ行為が具体的に何を指すかは不明という。服役後の国外退去処分も言い渡した。

中国当局は15年5~6月、日本人をスパイ容疑で相次いで拘束した。17年3月には温泉開発のための地質調査に入った邦人男性6人が山東省と海南省で拘束。うち4人は帰国したが、男性2人は正式に逮捕され、今年6月までに起訴された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン