警察無線がユーチューブに ひき逃げ巡る個人情報も

2018/12/8 11:49
保存
共有
印刷
その他

警視庁の警察無線の音声が11月、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されていたことが8日、警視庁への取材で分かった。2009年に起きたひき逃げ事件の通信指令本部とパトカーのやりとりで、関係する車のナンバーや所有者の名前などの個人情報が含まれていた。警視庁はサイトを運営するグーグルに依頼し、8日までに削除された。

警察無線は暗号化されており、外部から聞くことができない仕組みになっている。警視庁は、傍受された可能性があるとみて、経緯を調べている。

警視庁によると、ユーチューブには動画3本が投稿された。動画を見た一般の人からの通報で発覚した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]