2019年2月19日(火)

メルケル辞任で世代交代、日本が得るもの失うもの
欧州総局編集委員 赤川省吾

ドイツ政局
ヨーロッパ
2018/12/8 2:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

メルケル首相のようでいてメルケルではない政治家。独与党キリスト教民主同盟(CDU)が7日の党大会で新党首に選んだのは首相の盟友であるクランプカレンバウアー幹事長だった。大きな路線変更はなく、世代交代だけを意味する結果となったが、日本には少なからぬ影響がある。

敗者のいない党首選だった。出馬した3人のうち、幹事長としてメルケル体制を支えていたクランプカレンバウアー氏には待ち望んだ党首ポストの禅譲。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報