2018年12月13日(木)

ミニメルケル、選挙に強み 独与党新党首

ドイツ政局
ヨーロッパ
2018/12/8 1:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハンブルク=石川潤】ドイツのメルケル首相の側近で、後継者の最有力候補だったアンネグレート・クランプカレンバウアー氏(56)が7日、与党キリスト教民主同盟(CDU)の新党首に選ばれた。長すぎる名前はドイツ人でもしばしば舌をかむ。政界ではもっぱら頭文字をとった「AKK(アーカーカー)」の愛称で知られる。

一躍注目を集めたのが、州首相を務めていた独西部、ザールラント州で2017年3月に行われた州議会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報