東海第2原発再稼働への対応は? 立地首長に聞く

2018/12/7 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本原子力発電の東海第2原子力発電所(茨城県東海村)が運転開始から41年目に入った。再稼働でカギを握るのが地元自治体だ。立地する東海村の山田修村長と、周辺自治体で最大の人口27万人を抱える水戸市の高橋靖市長に同原発に対する考えや展望を聞いた。

■東海村長 山田修氏  災害時の責任所在 明確に

――立地自治体の首長として東海第2原発とどう向き合いますか。

「この問題は(再稼働か廃炉か)どちらかに結論…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]