2018年12月13日(木)

日研フード、水で有効成分抽出 静大と新技術

サービス・食品
南関東・静岡
2018/12/7 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

調味料製造の日研フード(静岡県袋井市)は静岡大学と共同で、原料からより多くの栄養素や味覚成分を抽出できる新技術を実用化した。調味料などに利用すれば、栄養価や味の向上につながる。これまで取引の少なかった健康食品や化粧品、大手飲料メーカーに売り込み、事業拡大を目指す。

実用化したのは「亜臨界水抽出技術」。水を高圧で加熱してできる亜臨界水は、気体にならずに液体の状態を保ち、アルコールに似た優れた成分抽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報