東ガス、タイの工業団地でガス配給開始

2018/12/7 20:09
保存
共有
印刷
その他

東京ガスは7日、タイの工業団地でガスの供給を開始したと発表した。東ガスにとってタイでのガス供給は初めて。団地に入居する自動車メーカー向けに年間100万立方メートルを供給する。今後、供給先を拡大させ5年後をメドに年間1億立方メートルの供給を目指す。配給先へのガス設備の利用法指南などと合わせて、年間数十億円規模の事業に育てたい考えだ。

2018年2月に出資した、タイの天然ガス配給会社、ガルフWHAMT社を通じて供給を始めた。ガルフ社は同国初の純民間のガス配給会社。今後、タイの他の工業団地向けにも供給先を増やし、将来的にはタイの産業用ガスの市場シェア1割獲得をめざす。

東ガスは20年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画で、海外事業に2600億円を投じる方針。国内でノウハウを蓄積したガスサプライチェーンを東南アジア向けに輸出したい考えだ。同社は既にベトナムやインドネシアなど4カ国でガス配給事業を展開している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]