2018年12月14日(金)

野村不、東芝青梅事業所跡地の物流拠点 1棟目完成

住建・不動産
東京
2018/12/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

野村不動産は東京都青梅市の東芝青梅事業所跡地で開発を進めている物流施設の1棟目「ランドポート青梅1」を完成した。7日に報道陣に公開した。日野自動車が車両パーツ専用センターとして利用する。2棟目の「ランドポート青梅2」を鴻池運輸に貸し出すことも発表した。

野村不動産が東芝青梅事業所跡地で完成した物流施設「ランドポート青梅1」

跡地の敷地面積は約12万平方メートルで、4万平方メートル前後の3区画に分け、物流施設3棟を設ける。「1」は延べ床面積約6万1000平方メートル、「2」は同約6万7000平方メートル、貸出先が決まっていない「ランドポート青梅3」は同約8万8000平方メートルとなっている。「2」は2020年2月末、「3」は21年2月末の完成を予定している。

同跡地には17年まで東芝のパソコンやテレビなど映像事業の開発拠点があった。同社が会計不祥事をきっかけにしたリストラの一環で、野村不動産に土地を売却した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報