/

この記事は会員限定です

民泊物件、1都3県で全国の4割 新法施行半年

[有料会員限定]

6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行から半年を迎え、空き部屋に旅行者などを有料で泊める「民泊」施設が首都圏で増えつつある。1都3県では11月末までに4652件の届け出が受理され、全国の4割超を占めた。マンション型のほか、古民家を改装した施設などもある。ただ、届け出がないまま営業し近隣トラブルを招く「違法民泊」は解消されておらず、さらなる普及には課題も残る。

東京都のJR新宿駅西口から徒歩8分ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン