/

この記事は会員限定です

ファーウェイの存在感 日本から部品供給、約5000億円

[有料会員限定]

米国などで中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を排除する動きが広がるなか、日本政府も安全保障のリスクを重視する調達指針の策定に乗り出す。ファーウェイは近年、日本でも通信基地局やスマートフォン(スマホ)のシェアを高めている。日本の部品メーカーからの調達額は5千億円規模に達しており、ファーウェイへの世界的な風圧は日本企業にとっても無縁ではない。

ファーウェイは2017年に約10兆円だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン