2018年12月19日(水)

すかいらーく、年初来高値 既存店増収を好感

2018/12/7 20:30
保存
共有
印刷
その他

7日の東京株式市場ですかいらーくホールディングスの株価が前日比64円(3%)高の1947円まで上げ、年初来高値を付けた。前日発表した既存店売上高が4カ月連続で前年同月を上回ったことがきっかけ。2018年12月期は最終減益を見込むが足元の業績は安定しつつある。12月末の株主優待狙いもあり、個人投資家を中心に買われた。

割引クーポンやスマートフォンのアプリ活用などの集客策が奏功し、減少傾向にあった既存店の客数も8月から増加に転じた。「増加基調が続けば19年12月期には増益が見込める」(国内証券)との声が多い。

今期の連結純利益は前期比20%減の125億円を見込んでいる。自然災害や人件費増などで11月14日に従来予想を下方修正したが、悪材料が出尽くしたとして足元の株価は15日の直近安値より16%高い。

同社は12月末に食事券の株主優待を受け取る権利が確定する。足元の予想配当利回りも2%弱とロイヤルホールディングス(1%弱)など同業他社より高いこともあり配当や優待狙いの買いを集めている。6月末時点で個人の株主比率は8割近くと高い。米中貿易摩擦の影響が懸念される外需関連株から内需関連株に資金が流れていることもあり「当面は上昇基調が続きそう」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘氏)との指摘がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報