2018年12月13日(木)

日産、リコール15万台発表 4回目の検査不正
法令順守意識の低さ浮き彫りに

品質不正
ゴーン退場
自動車・機械
2018/12/7 19:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車は7日、新車の出荷前の完成検査で新たな不正がみつかり、約15万台のリコール(回収・修理)を13日に国土交通省に届け出ると発表した。今回はブレーキなど安全性に直結する部品の検査で不正が発覚。検査不正は2017年9月から4回目となる。一向に改まらないコンプライアンス(法令順守)意識の低さに、経営陣への批判が高まりそうだ。

10月から始めた社内調査で判明した。追浜工場(神奈川県横須賀市)など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

衰えるニッポンの工場 品質不正を招く[有料会員限定]

2018/11/11 1:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報