2019年3月20日(水)

少ないデータで画像診断に道 京大発AIスタートアップ

2018/12/7 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学発スタートアップのデータグリッド(京都市)は医療画像のビッグデータを人工的に作り出す技術を開発した。医師の診断を支援する人工知能(AI)の開発に欠かせない大量の医療画像を、少ないサンプル画像数から作り出せる。新技術は難病なら年単位がかかるといわれる画像データ収集の手間を省き、診断AIの研究開発を後押ししそうだ。

開発したのは本物の病気の患部画像(1疾病あたり100枚)と健康な人の同じ部位…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報