/

この記事は会員限定です

韓国ロッテ、東南ア深掘り

インドネシアに石化新工場、4000億円投資

[有料会員限定]

韓国ロッテグループはインドネシアで石油化学工場を建設する。35億ドル(約4千億円)を投じ、同国最大級の石化コンビナートをつくる。現地で生産が拡大する自動車向けなどに供給する。ロッテは韓国との関係が一時悪化した中国で事業の縮小を迫られており、化学や小売りなど幅広い事業を着々と拡大してきた東南アジア市場を深掘りする姿勢を鮮明にする。

グループの化学大手、ロッテケミカルが7日、ジャワ島西部のバンテン州チ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン