/

ロケット見学場ネーミングライツ、IHIと締結 鹿児島県肝付町

鹿児島県肝付町は7日、ロケット打ち上げの見学施設「宮原ロケット見学場」に関するネーミングライツ協定をIHIとその全額出資子会社、IHIエアロスペース(東京・江東)と締結した。名称は「IHI スペースポート 内之浦」。期間は2019年1月から5年間で、ネーミングライツ料は年100万円となる。

肝付町は町内に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所があり、現在は小型固体燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げなどに使用されている。イプシロンはIHIエアロスペースがJAXAとともに開発し、同社が中心となって製造している。

宮原ロケット場はロケットの射点が見える唯一の見学場で、肝付町では財源確保や施設サービスの維持・向上などを狙って命名権者を募集。2件の応募があり、IHIを優先交渉者と決定して調整を進めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません