2019年1月22日(火)

QRにも対応、宮崎銀のスマホ決済

金融機関
九州・沖縄
2018/12/7 17:50
保存
共有
印刷
その他

宮崎銀行はスマートフォン(スマホ)決済サービス「みやぎんPay」で、QRコードによる店頭決済サービスを2019年2月から始める。収納代行の決済支援サービス、ビリングシステムのスマホ決済アプリ「PayB(ペイビー)」を採用した。同社が金融機関と連携しQRコード決済サービスを提供するのは初めてという。

利用者は個人向けアプリ「みやぎんPay」をダウンロードし、事前に口座情報などを登録する。店頭で表示されたQRコードを読み取ることで、登録した宮崎銀の普通預金口座から代金を支払うことができる。

加盟店は専用の決済端末を準備する必要がない。スマホやタブレット端末に加盟店用アプリをダウンロードするだけで、決済端末として使える。また中国人向け決済「アリペイ」「ウィーチャットペイ」も利用でき、中国人観光客にも対応できる。

みやぎんPayはこれまで公共料金などの払込票のバーコードを読み取り、スマホで料金を支払うサービスを展開してきた。キャッシュレス化をより普及、推進するため、スマホ決済サービスを拡充し、顧客の利便性を高める。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報