2018年12月19日(水)

甲府開府500年、記念のスパークリングワイン

南関東・静岡
2018/12/7 17:22
保存
共有
印刷
その他

2019年の甲府開府500年を記念したスパークリングワインが完成し、甲府市役所で7日に発表された。赤ワイン「マスカット・ベーリーA、アリカント2018」と、白ワイン「甲州2018」の2品で、いずれも地元のぶどうを使い市内のワイナリーで醸造した。2019年1月1日から販売を始める。

「オール甲府」で造られた「甲府スパークリング マスカット・ベーリーA、アリカント2018」(右)と「甲府スパークリング 甲州2018」(7日、甲府市役所)

スパーリングワインで珍しい赤は、ドメーヌ久が製造した。久保寺慎史社長は「冷やしてもあまり渋みがでないように工夫した。ボリューム感ある味になった」と胸を張る。2年連続で白をつくったサドヤの萩原健一顧問は、「夏が暑かったので酸が控えめになったぶん、前回よりやさしい味になった」と話す。

製造本数は、白が1万1000本、赤が3700本。価格は1本2500円となる。

両ワインとも、山梨大ワイン科学研究センターの柳田藤寿教授(醸造学)が、武田信玄にゆかりのある武田神社のお堀で見つけた酵母を使った。白用は鳥居近くで、赤用はそれより少し西に行ったところで採取した酵母という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報