「3カ月で職人に」 元ウィルコム喜久川氏、次の挑戦

2018/12/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

第二電電(DDI)を経てPHSのウィルコムやリクシル傘下のK-ENGINEの社長を歴任した喜久川政樹氏(55)が今月から一風変わった職人教育事業を始める。受講期間はたったの3カ月。当初のカリキュラムは「アプリ開発」と「外壁工事」だ。一見、まったく関係がなく見える分野だが、何をしようとしているのか、狙いを聞いた。

■なぜ「アプリ」と「外壁」

――このほど、あらたに設立した職業人大学「プロカレ」の学長に

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]