/

この記事は会員限定です

アパレルに明暗 成算なき量産の果てに

文化は世につれ(2)

[有料会員限定]

作るだけ売れる。平成初頭、ファッション界はわが世の春を謳歌した。「高い服で外見を飾るのがステータス」。そんな大衆意識が作り手を大量生産に駆り立てた。だが低成長時代に突入し消費者の価値観は激変。外見から内面へ。適正価格の服を適量だけ――。変化に気づかぬ業者は成算なき量産を続け、大量の在庫だけが残った。

50代アパレル経営者が回顧する。「今考えるとクレージー」。バブル期に中堅アパレルに転職し2年後には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン