/

この記事は会員限定です

独与党党首にメルケル氏側近 次期首相の最有力

(更新) [有料会員限定]

【ハンブルク=石川潤】ドイツのメルケル政権の与党、キリスト教民主同盟(CDU)は7日、ハンブルクで開いた党大会で、メルケル首相の側近、クランプカレンバウアー幹事長を新党首に選出した。メルケル氏は10月の地方選挙での敗北の責任を取り、18年間務めた党首の座を明け渡した。保守派に党首の座を奪われる事態は回避したが、権力分散による求心力の低下は避けられない。メルケル時代の終幕が近づいている。

与党党首に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン