2018年12月15日(土)

平成の天皇と皇后 自らを削って紡ぐ言葉
30年の歩み(31) 平成11~20年

社会
2018/12/7 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「詩を書く事は自分を削りとる事です」

皇后さまが愛読し、その詩を英訳までした詩人の永瀬清子は語っている。自分を削りとらない詩は人の心に乗り移ってこない、と。「詩」を「歌」「言葉」と言い換えてもいいだろう。

子に告げぬ哀(かな)しみもあらむを柞葉(ははそは)の母清(すが)やかに老い給ひけり

皇太子妃時代に皇后さまが詠まれた歌だが、皇室に嫁いだ娘から母に告げられぬ哀しみ、苦労もいかほどであったか。こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

平成の天皇と皇后 初の海外慰霊、サイパンへ[有料会員限定]

2018/11/30 15:09

平成の天皇と皇后 封印された女系天皇論[有料会員限定]

2018/11/23 14:41

平成の天皇と皇后 園遊会で「国旗・国歌」問答[有料会員限定]

2018/11/16 15:01

平成の天皇と皇后 「古代」よみがえらせた蚕[有料会員限定]

2018/11/9 15:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報