2018年12月17日(月)

顧客70人分の資金を詐取か 逮捕のSMBC日興元社員

社会
2018/12/7 12:25
保存
共有
印刷
その他

顧客の資金約2400万円を無断で送金して詐取したとしてSMBC日興証券の元支店課長が逮捕された事件で、元支店課長が2017年までに計約70人分の顧客の資金を不正に送金して詐取したとみられることが7日、警視庁への取材で分かった。

同庁捜査2課は同日、同社吉祥寺支店の元総務課長、小川猛容疑者(59)=横浜市旭区上白根3=を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕したと発表。「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は吉祥寺支店の総務課長だった12年1月~13年8月、支店の端末を操作し、客の金融商品を無断で売却するなどして得られた顧客12人分の資金約2400万円を知人名義の銀行口座などへ不正に送金し、だまし取った疑い。

捜査2課は小川容疑者が同様の手口で顧客資産の着服を繰り返し、別の支店時代を含めて10年1月~17年8月に顧客約70人分の約1億3千万円を不正に送金して詐取したとみている。一部は既に公訴時効が成立している。詐取金は生活費や借金返済のほか、資産を着服した顧客への補填にも使っていたという。

SMBC日興証券によると、顧客への補償は大半が終わっており近く全額完了する見通し。同社は「多大なご心配、ご迷惑をおかけしておわび申し上げる。全社を挙げて再発防止に取り組む」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報