/

「取引先との協力関係変えず」、ファーウェイが声明

【広州=川上尚志】中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)は6日夜、取引先に宛てた声明で「我々は米国政府の非合理を理由に、世界の取引先との協力関係を変えることはない」と表明した。「米国政府はあらゆる手段を使って1つの会社に圧力をかけており、自由経済と公平競争の精神に反する」とも主張した。同社は世界の1万3千社以上と提携や取引などの関係があるという。

ファーウェイが本社を置く広東省深圳市政府も7日未明、「ファーウェイなど深圳にある企業の国内外での正当な権利が守られるよう後押しする」との声明を発表した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン