入管法改正案、今夜にも成立 法務委員長解任案を否決

2018/12/7 10:10 (2018/12/7 16:12更新)
保存
共有
印刷
その他

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案を巡り、与野党の攻防が大詰めを迎えた。与党は7日午前の参院本会議で、立憲民主党などが提出した横山信一参院法務委員長(公明)の解任決議案を否決した。同日の法務委で改正案を採決し、今夜にも参院本会議で可決、成立させる構えだ。野党は山下貴司法相の問責決議案を提出して抵抗を続けた。

立憲民主、国民民主両党など野党は横山氏が6日に改正案の採決を提案したこと…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]