2018年12月19日(水)

三重県に支援申し入れへ シャープ雇い止めで労組

中部
2018/12/7 1:13
保存
共有
印刷
その他

シャープ亀山工場(三重県亀山市)で日系外国人労働者が大量に雇い止めされた問題で、元作業員の一部が加入する労働組合「ユニオンみえ」が6日、県庁で記者会見し、再就職や生活面での支援に県も取り組むよう訴えた。近く鈴木英敬知事に申し入れる。

記者会見する「ユニオンみえ」の広岡法浄書記長(右から3人目)と元労働者のモロナガ・ルイ・ヨシノブさん(右端)ら(6日午後、三重県庁)=共同

労組は、外国人だけでなく日本人約千人も雇い止めされたとの情報提供があったことも明らかにした。

同労組の広岡法浄書記長は「県は重大な問題だと認識していない。申し入れによって県の姿勢を正すとともに、雇い止めに遭っている人にどのような対応ができるのか議論したい」と話した。

労組によると、情報提供は亀山工場で働く作業員などから6日にあった。情報提供者らから話を聞くなどして事実関係を調べる。実態調査をするよう県にも求める。

会見では、昨年10月から今年7月末まで亀山工場で働いたモロナガ・ルイ・ヨシノブさん(68)が「4カ月間も仕事がなく、家賃も払えない。雇い止めは許しがたい。人を使い捨てるのはやめてほしい」と訴えた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報