/

ロシア、北方領土付近にレーダー基地 現地報道

【モスクワ=小川知世】インタファクス通信は6日、情報筋の話として、ロシアがクリル諸島(北方四島と千島列島)の沿岸にレーダー基地を開設したと伝えた。設置した詳しい場所や時期は明らかにしていない。同国海軍を援護する狙い。外国の侵入を受け、艦隊による攻撃が必要になる事態を想定した。米軍へのけん制とみられる。

米太平洋艦隊は5日、同国のミサイル駆逐艦がロシア極東のウラジオストク付近を通過したと発表した。ロシア国防省は声明で「米艦はロシア領海に近づかず、ロシア艦の監視下で100キロ以上離れた場所を航行しただけだ」と指摘した。

ロシアは領土問題を巡る日本との交渉の対象である北方領土を、北極圏とアジアを結ぶ航路の防衛拠点と位置づける。新型の地対艦ミサイルを択捉島と国後島に配備するなど軍備強化を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン