/

香川の働き方改革へ金融機関と連携 労働局が6日

香川労働局(高松市)は6日、香川銀行、日本政策金融公庫高松支店と働き方改革推進へ連携協定を締結した。県内の中小企業に幅広いネットワークをもつ金融機関と、働き方改革に関する施策や助成金情報の周知などで協力し、企業の生産性向上につなげる。

働き方改革推進へ連携協定の締結式が開かれた(6日、高松市)

労働者の処遇改善や雇用の促進、人材育成など5項目について連携する。金融機関職員に国の施策や支援策を知ってもらうことで、中小企業への情報発信を進める。香川労働局と金融機関との締結は高松信用金庫(高松市)に続き2例目となる。

締結式に出席した香川銀の本田典孝頭取は「地域経済の活性化につなげる」と述べた。日本政策金融公庫の和田めぐみ高松支店長は、従業員の少ない企業が働き方改革を推進しにくい現状に触れた上で「助成金など周知を進める」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン